すべてが満たされた赤ちゃんの世界。
ひとりの赤ちゃんが、ある日パパとママを見つけて心惹かれていきます。
しかし…

二人のこどもになることが出来ないという失望。
忘れられないパパとママへの想い。
果たして赤ちゃんは、無事パパとママのもとに生まれることが出来るのか―。
切なくて強くてあたたかい、赤ちゃん誕生をテーマにした感動の物語です。

我が子の名前で綴られるストーリー、その一生懸命なまでの姿。
パパ、ママ、赤ちゃん、3人の特別な物語によって、
“家族の尊い絆”を感じていただけると嬉しいです。


絵本を読む










▼オーダー情報に基づき赤線(赤字)部分が入力されます。
  (実際の商品ではすべて黒字で、線もありません。)

                                                                                                                                                                                                                                次ページ

わすれないでください。 それは けっして 偶然ではないということを。


























                                                                                                                                                                                                                      最初のページ

                                                                                                                                                                                                            前ページ   次ページ

パパとママにあいたくて
○○○ちゃんがうまれてくるまでのおはなし〜

※呼び名の挿入箇所であることをイメージしていただきやすいよう、
  「○○○ちゃん」としていますが、呼び方のご指定は自由です。
  ご指定情報に「ちゃん」が付くわけではありません。


























                                                                                                                                                                                                                      最初のページ

                                                                                                                                                                                                            前ページ   次ページ

○○○○ねん○○がつ○○にち、
ひとりの あかちゃんが うまれました。
なまえは ○○○

その なんかげつも まえ、
「あかちゃんが できた!」
よろこんで はなす パパとママの こえを、 おなかの なかで きいていたんだよね。


でも そのまえは いったい どこにいたの?
きがついたら ママの おなかに いたの?


この ものがたりは ○○○ちゃんが うまれる ずっとまえ、
まだ ママの おなかに やどる まえの おはなしです。












                                                                                                                                                                                                                      最初のページ

                                                                                                                                                                                                            前ページ   次ページ

あるひの こと。
ここでは いつもと かわらない にちじょうが ながれていました。


ここは そう、 まだ うまれる まえの あかちゃんたちが いる せかい。

すべてが みたされた そのせかいで
あかちゃんたちは へいわに きょうを すごし、
おくの もんでは、 きょうも なんにんかの あかちゃんを
あんないにんの チャップが おくりだしていました。

















                                                                                                                                                                                                                      最初のページ

                                                                                                                                                                                                            前ページ   次ページ

そのなかに ひとり、 なかでも ひときわ かわいい あかちゃんが いました。
のちに ○○○と なづけられる その あかちゃんは、
きょうも あるばしょに きていました。

ここには ふしぎな あながあって、
のぞくと うまれたあとの せかいを みることが できるのです。
ほんとうは チャップしか のぞけないことに なっている この あな。
チャップが いない じかんを みはからって、 こっそり のぞきに きていたのです。


あなの むこうの せかいは なんだか こっちの せかいとは ちがっていて、
みている ○○○ちゃんを まいにち たのしませてくれました。















                                                                                                                                                                                                                      最初のページ

                                                                                                                                                                                                            前ページ   次ページ

そんな あるひのこと、 ひとりの おんなのひとが めに とまりました。

ドキドキ ドキドキ
(この きもちは なんだろう…)

もう ずいぶん まえから この あなを のぞいていたけれど、
こんな きもちは はじめてでした。

(となりの おとこのひとは だれなんだろう…)


















                                                                                                                                                                                                                      最初のページ

                                                                                                                                                                                                            前ページ   次ページ

つぎのひから ふたりのことを みるのが ○○○ちゃんの にっかに なりました。
ふたりは いつも なかよし。 けんかしても かなしいことが おこっても、
きがつけば また たのしそうな ふたりに もどっていて
○○○ちゃんを なんども おどろかせました。























                                                                                                                                                                                                                      最初のページ

                                                                                                                                                                                                            前ページ   次ページ

○○○ちゃんは ふたりの かんけいを とても うらやましく おもいました。
この あかちゃんの せかいでは すべてが みたされていて、
ないたり おちこんだり そんなことは おこりません。
でも、 そういうことを ささえあって いっしょに いきている ふたりが、
とても すてきに みえたのです。
○○○ちゃんの こころは どんどん ひかれて いきました。


だから あのことばを きいたとき、
○○○ちゃんの こころは ほんとうに ドキッとしたのです。

















                                                                                                                                                                                                                      最初のページ

                                                                                                                                                                                                            前ページ   次ページ

「ふたりの あかちゃん ほしいね。」


























                                                                                                                                                                                                                      最初のページ

                                                                                                                                                                                                            前ページ   次ページ

まだ みぬ あかちゃんを おもいえがく ふたり、 それは パパとママの かおでした。


(ふたりの あかちゃん…)


いままで ずっと ふたりのことを みてきた ○○○ちゃんは、
いつのまにか ふたりを だいすきに なっていました。
そして いつしか おもうように なっていたのです。
(この ふたりが パパとママだったら いいなぁ) と。


――でも それは かなえられない ねがいでした。














                                                                                                                                                                                                                      最初のページ

                                                                                                                                                                                                            前ページ   次ページ

じつは このせかいでは、 あかちゃんが パパとママを えらべないことに なっていたのです。
あなを のぞくのも ほんとうは チャップの やくめ。
どの あかちゃんが どんな パパとママのもとへ いくのか、
すべては チャップが きめることなんだと、
まわりの あかちゃんたちから そう きいていました。

(ふたりの こどもには なれない…)


○○○ちゃんは きゅうに かなしく なりました。
この せかいで こんな かんじょうを もったのは はじめてでした。
むねが くるしくて、 しあわせな ふたりを みるのも つらくなって、
あなを のぞきに いくことも やめてしまいました。
けれど いちにちたっても ふつかたっても ふたりのことが あたまから はなれません。
それどころか きもちは ふくらむばかりでした。

そんなひが どれだけ つづいたでしょう。
ついに けっしんした ○○○ちゃんは チャップのもとへと むかいました。









                                                                                                                                                                                                                      最初のページ

                                                                                                                                                                                                            前ページ   次ページ

「チャップさん、 きいてほしい はなしが あるの。」

ただならぬ ○○○ちゃんの ようすに すこし おどろいて チャップは こたえました。
「どうしたんだい?」

「ずっと だまってたんだけど…」


それから ○○○ちゃんは いままでのことを すべて はなしました。
ないしょで あなを のぞいていたこと、
あるひ とても すてきな ふたりを みつけたこと。
そして ふたりが いま あかちゃんを ほしがっているということ。

いままで おさえていた きもちが なみだになって つぎつぎと こぼれてきました。
だいすきで だいすきで たまらなくて、
ついには こえが ことばに ならないほど なきじゃくっていました。
それでも なんとか こえを ふりしぼって つよい まなざしで いいました。


わたし、 パパとママの こどもに なりたい!」







                                                                                                                                                                                                                      最初のページ

                                                                                                                                                                                                            前ページ   次ページ

「いま、 ふたりのことを パパ ママって よんだね。 もう おまえの こころのなかでは、
ふたりは パパとママに なっているんだね。 そんなに ふたりのことが すきなのかい?」

チャップの といかけに ○○○ちゃんは だまって うなずきました。
めには いっぱい なみだが たまっていたけれど、
チャップから いちども めを そらすことなく うなずきました。

○○○ちゃんの きもちを たしかめるように、
しんけんな きもちに こたえるように、 チャップは つづけました。

「ぶじに うまれるためには くるしいことも いっぱい のりこえなきゃいけない。
おもいどおりに ならないことだって がまんしなきゃいけない。
だれにでもできる かんたんな ことじゃないんだ。
おまえに できるかい? それでも ふたりのもとに うまれたいかい?」

○○○ちゃんの きもちは かわりません。
さっきよりも つよく おおきく うなずきました。










                                                                                                                                                                                                                      最初のページ

                                                                                                                                                                                                            前ページ   次ページ

「よーし、 わかった。 きょう おまえを おくりだす。
おまえの パパとママは…


○○○○○○ ○○○○○○


この ふたりだ。」



















                                                                                                                                                                                                                      最初のページ

                                                                                                                                                                                                            前ページ   次ページ

とつぜんの できごとに ○○○ちゃんは びっくりしました。

「どうして そのふたりだって わかったの?」


チャップは まるで こうなることが はじめから わかっていたかのように、
やさしい えがおで こたえました。

「おまえが こっそり あの あなを のぞいていたことは しっていたよ。
まいにち まいにち ふたりを みて ひかれていく おまえの すがたを 
ずっと みていたんだ。 ずいぶん つらい おもいを していたのもね。」

すべて しられていたことに おどろいた ○○○ちゃん
チャップは ゆっくり つづけました。

「でも しんぱい することはない。
あの ふたりは わたしから みても おまえに ぴったりだ。
おまえの きもちが ほんものなら、 きっと ふたりに とどくだろう。
おまえが とちゅうで あきらめることなく がんばれば、
きっと あの ふたりの もとに うまれることが できるはずだよ。」







                                                                                                                                                                                                                      最初のページ

                                                                                                                                                                                                            前ページ   次ページ

(ぜったいに パパとママの ところまで いってみせる。)
○○○ちゃんの こころに つよい きもちが わきあがってきました。

「さいごに ひとつだけ。」
そう まえおきして チャップは いいました。

「まいにち この もんから おくりだされる あかちゃんたちが、
いつ どうやって きめられているのか――。」


「きっと おまえは すべて わたしが きめていると おもって いたんだろう?
でもね、 そんなことは けっしてないんだよ。
むしろ わたしは いちどだって そのこの パパとママを きめたことはない。
じぶんの いしで さがし みつけ、 そうして わたしの ところに やってきた あかちゃん。
その あかちゃんだけが パパとママの もとに うまれることが できる。
もちろん おまえも その ひとりだ。

じぶんで きめた パパとママ、
そのことを ちゃんと おぼえて おくんだよ。 いいね?」








                                                                                                                                                                                                                      最初のページ

                                                                                                                                                                                                            前ページ   次ページ

「さぁ、 しゅっぱつだ。」

しゅっぱつの とき、 ○○○ちゃんは まだ さっきの チャップの ことばを、
あたまの なかで くりかえしていました。


(じぶんで きめた パパとママ…)
それは なんとも ここちよく、 ○○○ちゃんを ほこらしい きぶんに させてくれました。

「はい。」
こえに だして はっきり へんじを すると、
○○○ちゃんは その ちいさな いっぽを ふみだしました。
それは ほんとうに ちいさな ちいさな いっぽ だったけれど、
○○○ちゃんには とても おおきく とくべつな いっぽに おもえていました。


(もうすぐ あいに いくよ、 パパ ママ…)










                                                                                                                                                                                                                      最初のページ

                                                                                                                                                                                                            前ページ   次ページ

それから とつき とおか―――

ん?
パパとママに あいたくて すこし はやく でてきたんだっけ?

けっして わすれることのできない たいせつなひ、
○○○○ねん○○がつ○○にち。


たくさんの こんなんを その ちいさな からだで すべて のりこえて、



○○○ちゃんは うまれた。













                                                                                                                                                                                                                      最初のページ

                                                                                                                                                                                                            前ページ   次ページ

[例]やさしいこに なりますように。
つよいこに なりますように。

ありったけの パパとママの おもいを こめて、
○○○と なづけられた あかちゃん。


がんばったね。
あえて よかったね。
○○○ちゃんの きもちは ちゃんと パパとママに とどいたんだね。

















                                                                                                                                                                                                                      最初のページ

                                                                                                                                                                                                            前ページ   次ページ




























                                                                                                                                                                                                                      最初のページ

                                                                                                                                                                                                     前ページ   

パパとママにあいたくて
○○○ちゃんがうまれてくるまでのおはなし〜

パパ     ○○○○○○
ママ     ○○○○○○
あかちゃん  ○○○○○○





produced by SWiTCHBOOK FACTORY

                                                                                                                                                                                                    >>作品に込められた想い







このページの先頭へ